ネイティブの話す英語は、何を言っているかさっぱりわからないですよね。

ではなぜ、ネイティブの英語が聞き取れないのでしょう。

それは、ネイティブの話す音が聞き取れないからです。

それでは、ネイティブが話す英語が聞き取れない理由についてお話します。


<目次>

・ネイティブの英語が聞き取れないのは?
・ネイティブの英語を聞き取るトレーニング!

ネイティブの英語が聞き取れないのは?

ネイティブの英語が聞き取れないのは、ネイティブが発する音が聞き取れないからです。

どう言うことかといいますと、ネイティブが話す音には、日本語に存在しない音があるのです。

存在しない音というか、日本人が発音できない音と言った方がいいでしょうか。

人間の耳は、言葉にできない音は、聞き取ることができないのです。

言葉にできる音だけが、脳が理解して聞き取ることができるのです。

ですから、口に出してしゃべれない音は、聞き取ることができないのです。

でも、なんとなく聞こえていますよね。

これは、聞きとれない音を、自分が知っている音に代替えして、聞いているのです。

ですから、ネイティブが話した英語を、まねして話しても、言葉には出ているけ、音が違う。

これこそが、代替えして聞き取っている音なのです。

日本人が、英語を上手く聞き取れない原因はここにあったのです。

それでは、どうすれば、ネイティブの英語が聞き取れるようになるのか、練習法について次の項でお話します。

ネイティブの英語を聞き取るトレーニング!

よくネイティブの音が聞き取れないのなら、リスニングを強化すればいいのでしょうと答える人がいますが、いくらネイティブの音を聞いても、自分が発音できなければ、ネイティブの音は聞きとれません。

ですから、リスニングするのには問題ないのですが、ネイティブの英語が聞き取れないので、リスニングを強化するトレーニングは。あまり効果を期待できません。

では、どうすればいいのか?

本屋さんへ行って、シャドーイングの参考書を買ってきて、シャドーイングの練習をするのです。

リスニングができないのにシャドーイングって?

不思議に思われるかもしれませんが、先程も言っていますが、自分が出せない音は聞きとれないといいましたね。

ですから、ネイティブに近い音をだせるトレーニングをするのです。

シャドーイングとは、相手が話した通りにまねて話す練習です。

ネイティブに近いを音が出せるようになったら、ネイティブが話す英語が聞き取れるようになるのです。

さらに重要なポイントは、シャドーイングした音を、録音して、ネイティブの英語を比較して、間違った音を修正していくトレーニングも重要です。

なぜなら、ネイティブが話す音を素直に発音出来ないからです。

小学生ぐらいまでは、ネイティブが話す音を、そのまま発音できるのですが、ある一定の年齢に達すると、聞いた音を素直に声に出せないようです。

ですから、英語は、小さい頃からやり始めた方がいいというのは、こういった人間の特徴があるからでしょう。
ネイティブの音が聞き取れないのなら、リスニング強化より、シャドウイングのトレーニングをオススメします。

 

関連記事→英語力を伸ばすポイント!英会話が上達する簡単トレーニングとは!






このページの先頭へ