英語のスピーキングを勉強したいんだけど、外国人の友達もいないし、英会話スクールに通っていない、どうすればいいの?

大丈夫です。

外国人の友達がいなくても、英会話スクールに通っていなくても、スピーキングの練習はできます。

では、そのやり方は…。

独り言で英語のスピーキングが上達するのです。

それでは、独り言で英語のスピーキングが上達する方法についてお話します。

<目次>
・なぜ、独り言が英語のスピーキングの練習になるのか?
・どんなやり方で独り言で英語のスピーキングを練習するの?
・独り言でさらに英語のスピーキングが上達する方法!

なぜ、独り言が英語のスピーキングの練習になるのか?

人間は、1日に5万の考えが、思いついたり、消えたりしているそうです。

その思いついてことを英語の教科書にすればいいのです。

その思いついた考えを口にすることが独り言であり、その独り言を英語に直すようにする練習をするのです。

ではなぜ、独り言が良いのかといいますと、英語話す目的は、自分の考えを英語で話したいから、英会話の勉強をしていると思います。

ですから、自分が思いったことを英語にするというのは、まさしく、英語を習うための目的なのです。

どんなやり方で独り言で英語のスピーキングを練習するの?

どんなやり方で独り言で英語のスピーキングを練習するのか?

たとえば、独り言で「お腹だ空いてきた」といいます。

英語で、「I’m getting hnugry」といいますよね。

このhnugryをいろんな場面に変えて独り言をいうのです。

たとえば、「sleepy」だと、「眠たくなってきた」。「tired」だと「疲れてきた」といった、いろんな場面のセンテンスに変えられます。

こうやっていくことで、多くのセンテンスが作れるのです。

間違っていてもいいですから、センテンスを作り続けていってください。

間違った英語は、誰かに直しえもらえばいいのですから。

独り言でさらに英語のスピーキングが上達する方法!

独り言って、思いついたことが言葉に出たことをいいます。

間違ってもいいですから、それを英語で1センテンス話します。

これで終わってしまうと、会話は広がりません。

その独り言を広げることで、より多くのセンテンスを話すようになります。

やり方として、「I’m getting hnugry(お腹だ空いてきた)」これだけで終わるのではなく、なぜ、お腹が空いたのか理由を問うセンテンスを考えるのです。

そうすることで、普段答えるだけの英会話が、相手に質問できる英語が話せるようになるのです。

英語会話は会話ですから、一方できに話す、聞くのではなく、聞いた事に答える、そして、相手に質問する。

この繰り返しが会話ですので、ぜひ、独り言+独り言の理由+質問といって、普段の会話で話すような流れでセンテンスを作っていきましょう。

くれぐれも、間違ったらだめだという概念を取っ払いましょう。

 

関連記→初心者が独学で英会話を勉強法するなら






このページの先頭へ